年齢別!家庭で簡単にできる知育遊びまとめ

知育遊びは子どもの可能性を引き出す

0〜6歳のいわゆる未就学児と呼ばれる時期は、

最も神経細胞が増え、体も脳も急速に発達します。

そのため、能力や人格の基礎はこの時期に形成されます。

また遺伝が能力に影響するのは50%だけ。

残りの50%は生まれ育つ環境によって培われます。

特に未就学児の時期は、環境による影響を最も受けやすい。

知育遊びは、体や脳を刺激し、

能力開発や人格形成に役立ちます。

この未就学児の時期に何をするかは

その子の人生において、とても重要なのです。

最近は知育玩具もたくさん出ていますが、

あれもこれも買うと高い・・・

道具を買って使うのも良いですが、

この記事では、お家で簡単にリーズナブルにできる知育遊びを

ご紹介したいと思います。

0歳〜

語りかけ

話せないうちから、語りかける

人間の五感の中で、一番最初に発達するのは「聴覚」

妊娠5ヶ月から発達し、

7〜8ヶ月頃には大人と同じくらい聴こえるといいます。

つまり、話せないうちから子どもは聞き取っています。

  • 日常の動作を声に出す
  • 物を指さしたり、見せながら話す

脳の発達には1日に21000語聞かせると良いといわれています。

時間に換算すれば、1時間ごとに15分

上記2つのポイントを意識すれば、

あっという間に21000語に到達します。

語りかけはIQを上げるという研究結果もあり、

言葉も知能も発達させることができます。

おむつを変えて、さっぱりしようね。

これはペンだよ。絵を描いたり、文章を書いたりするんだよ。

色彩豊かな絵を見せる

新生児の視力は0.01程。

大人と同じように見えるのは3歳くらいからです。

※個人差はあります

大きいもの、いろんな色を見せる

なるべく大きくて見やすい物、

かついろんな色を見せて上げると、

視覚が刺激されて、感性の発達に役立ちます。

絵本や絵画(有名な作品)などがおすすめ。

ネットで絵画を無料公開している美術館もあります。

さまざまな素材を触らせる

指先を動かすことは、脳神経を刺激します。

布、ビニール、発砲スチロール、など

いろんな素材のものを触らせるだけでOK

家にある物で大丈夫です。

フェルトを使って、やわらかい布絵本をつくるのもいいかも

フェルト生地は柔らかく、赤ちゃんにも優しい素材。

100均で洗えるフェルトも売っています。

例えば、フェルト生地の中にビニールや音のなるものを入れて

おもちゃにするなど、手作りするものおすすめ。

※市販でもあります

Dear Little Hands めくってパリパリいないいないばあ布えほん くまのプーさん

価格:1,584円
(2021/6/19 12:01時点)
感想(0件)

フィッシャープライス 布おもちゃシリーズ どうぶつたちと冒険!布えほん 【3カ月~】 【 歯がため ミラー付き】【BPAフリー】 【感覚を育てる】【5感を刺激】 GJD37

価格:2,156円
(2021/6/19 12:01時点)
感想(0件)

いないないばあ

6ヶ月までは、物の存在や空間の認識がまだできません。

いないないばあは、物が存在したりしなかったりすることを

記憶させ、短期記憶力を高めます。

そのため空間認識力を高めるのにも効果的です。

3ヶ月〜

物を隠して探させる

いないないばあに慣れてきたら、

物を隠して探させます。

例えば、片方の掌におもちゃを隠し、

両手を子どもの目の前に出して、

どっちにあるかな?

と問いかけてみます。

物の存在を認識する、空間認識力や想像力

高めるのに役立ちます。

積木などで遊ぶ

積木を積んで、何かに見立てて

想像力を鍛えたり、

指先を使うことで脳神経を刺激します。

  • さまざまな形の積木を使って、バランスを取らせる
  • 大人が見本を見せる

子どもの好きに触らせても良いですが、

まだ自分で作るのが難しい時期や、

興味を示さない時は、大人が見本を見せるのがおすすめ。

真似をしたがる時期なので、効果的です。

「これは何かな?」

さまざまなものを見せて、

これは何かな?

と問いかけます。

子どもが答えを言えなくてもOK

答えられない時は、少し時間をおいて、

大人が答えを教えてあげてOKです。

繰り返し考えさせることで、

記憶力や想像力、語彙力を向上させます。

8ヶ月〜

運動

まだ立つことができない時期から、

サポートしながらできる運動をさせます。

運動で筋力を動かすと、司令塔である脳が刺激されます。

例えば、

  • 踏み台の上り下り
  • でんぐり返し
  • 倒立
  • ペンギン歩き

特にペンギン歩きは、歩く練習にもなるのでおすすめです。

ペンギン歩きは、大人の足に子どもの足を乗せて、
上から手をつないで一緒に歩く遊びです

折り紙

鶴や箱などまだ形をつくれなくてもOK。

折る、破る、ねじるなど、

大人が見本をみせながら

さまざまな動作をさせます。

指先の動きを鍛えて、脳を刺激します。

1歳半〜

0の概念

数学の基礎となる「数字」の概念。

ここで大切なのは「0」を教えることです。

  • 最後が0になるようにカウントする
  • 複数のものを並べて、1つずつ減らしていく

例えば、お風呂から上がる時に

5、4、3、2、1、0!

と0までカウントしたり、

ボールでも紙コップでも、いくつか物を並べて、

カウントしながら1つずつ減らしていくなど

これで何個?0個になったね!

0がどういう状態なのか、

一緒に声に出して数えたり、

目に見える形で教えると効果的です。

ものの比較

0の概念と同じく、これも数学の基礎になります。

ものの大小、長短、重い軽いなどを比較します。

  • 大きさの違うボールを比較
  • 長さの違う紐を比較
  • 重さの違う果物を比較

目の前に比較対象を並べて見せて

どっちが大きいかな?

と尋ねて、答えさせます。

パズルや迷路

ジグソーパズルやスライドパズル

歩いて回る巨大迷路や紙に書いた迷路

は、集中力や創造力を鍛えてくれます。

くもん出版 くもんのジグソーパズル ステップ5 発見!世界の動物

価格:1,738円
(2021/6/19 15:08時点)
感想(2件)

【あす楽】 ピクチュアパズル APO-26-38 ミッフィー ミッフィーとおともだち 15ピース パズル Puzzle 子供用 幼児 知育玩具 知育パズル 知育 ギフト 誕生日 プレゼント 誕生日プレゼント

価格:422円
(2021/6/19 15:11時点)
感想(0件)

セイカのパズル できるんです!/DC ディズニープリンセス

価格:748円
(2021/6/19 15:13時点)
感想(0件)

セイカのパズル できるんです!/DC ミッキー&フレンズ

価格:748円
(2021/6/19 15:39時点)
感想(0件)

指先を鍛える
  • ファスナーの開け閉め
  • ボタンのかけはずし
  • リボンを結ぶほどく

ものを持ったり、投げたり、

簡単な動作ができるようになったら、

少し難易度を上げます。

衣服の着脱練習にもつながり、

かつ脳神経を刺激してくれます。

3歳〜

さまざまな図形に触れる

○、△、□などさまざまな形に触れさせます。

  • 図形パズルで同じ形を探す練習
  • さまざまな図形を組み合わせて、形をつくる
  • 立方体を組み立てる

段ボールなどで手作りしてもいいですし、

市販の図形パズルや積木を使ってもOK。

さまざまな図形を理解したり、

複数の図形を組み合わせて違う形をつくったり、

立体的に組み立てたりすることで、

数学の基礎力が身につきます。

ゴルネスト&キーゼル ソートボックス 積み木 ブロック 1歳 2歳 誕生日 男 女 女の子 木製 赤ちゃん 木のおもちゃ 男の子 誕生日プレゼント 子供 型はめ 出産祝い キッズ ベビートイ ギフト ベビーギフト| オモチャ ベビーオモチャ 一歳 パズル 幼児 知育玩具 1歳半 かたはめ

価格:3,960円
(2021/6/19 16:00時点)

【送料無料】 ビルダー スターターセット 34586 BRIO ブリオ 知育玩具

価格:2,700円
(2021/6/19 16:05時点)
感想(1件)

ごっこ遊び

共感力や想像力を育てるにはもってこいの遊び。

お医者さん、レストラン、テーマはなんでもOK。

シナリオを考えるのが苦手な場合は、

まず大人がシナリオを考えてあげて、

演劇風に遊んでみるのもおすすめです。

さまざまな役やシチュエーションで遊ぶ

なるべくいろんなシチュエーションでごっこ遊びをすると、

場面に応じて、柔軟に対応する力も身につきます。

自分で演じても、ぬいぐるみに演じさせてもOK。

また、例えばお友達と喧嘩した場合、

同じようなシチュエーションを再現して、

こんな時、どういう気持ちになるかな?

と会話しながら疑似体験することで、

相手の気持ちを理解することにもつながります。

創作遊び

絵具、粘土、折り紙、など

さまざまな材料を使って

絵を描いたり、

動物や道具などを作ってみたり。

創作活動といっても、身近な材料を使って手軽にできます。

創造力や感性を鍛えることができます。

子どもの好きにさせる

こうしたほうがいいんじゃない、といったアドバイスは禁止。

自由に創作させることがポイントです。

例えば、壁に絵を描いてしまっても、

叱らずに壁に模造紙を貼るなどして描き続けさせる。

(滝の絵で有名な千住博さんも、そうやって育ったそうです)

この道具を使ったら、面白いんじゃない?

など、選択肢を増やしてあげるようなサポートは○です。

おすすめ記事